堺東の紅茶・ハーブティー専門店「Cocha Bar -紅茶葉-」

南海高野線「堺東駅」から徒歩5分
営業時間:13:30-21:30(日曜19:30)
定休日:火・水

Tel:072-242-4336

紅茶のデカフェについて(1)

店主の独り言2019.07.12

今回のテーマはデカフェについてです。

コーヒーだけでなく、紅茶にもデカフェが

あるんですよねぇ〜

店主の独り言らしくポイントをついて簡単に?書きたいと思います(^_^)

 

そもそもカフェインは悪なのか

 

以前のブログで適度にカフェインを取る事は、集中力を高めてくれたり、

脂肪を燃焼してくれたり、決して体に悪いことでは無いことを書きました。

体質や妊娠中であるなど、医師などの専門家から指導がある場合を除き、

適度にカフェインを取る事は決して体に悪いことではないと思います。

でも、さまざまな事情やその時の環境で、カフェインを摂りたくない場合もありますよね。

そういった方のためにも、デカフェについて少し掘り下げたいと思って書くことにしました(^_^)

 

 

「デカフェ」「カフェインレス」「ノンカフェイン」「カフェインフリー」などの表示内容の違いについて

 

似たような用語がたくさんありますねぇ…(^_^;)

でも実は意味合いが違う場合があります。

サイトによっては、同じ意味合いの言葉のように使われていることもあり、

少し見る側も気をつけなければいけませんね

 

1.「デカフェ」「カフェインレス」「カフェインフリー」

 

この3つは、そもそもカフェインが入っている素材から、

人工的にカフェインを取り除いたもののことを意味しています。

言い方を変えると人工的に取り除いていますので、カフェインはわずかですが残っていますし、

製品によって残留しているカフェインの量もことなるようです。

 

2.「ノンカフェイン」

 

これはそもそも素材にカフェインが入っていないもののことを指します。

つまりレモングラスやローズヒップなどといった、ハーブティーがノンカフェインだということになります。

 

お店のお客様でも、このことを知っておられた方は、ほとんどいらっしゃいませんでした。

日本語は難しいですねぇ

 

そして、またしても簡単に書くと言っておきながら長くなってしまった…(^_^;)

 

次回は実際に紅茶のデカフェを飲んでみたいと思います。

 

アクセス

南海高野線「堺東駅」から徒歩5分、
店舗前にコインパーキングもございます。

〒590-0048
大阪府堺市堺区一条通20-9

Tel:072-242-4336

 

営業時間:13:30-21:30(日曜は19:30迄) 

Last Order:閉店時間の30分前

定休日:火・水

電車:南海高野線 堺東駅 徒歩5分
※店舗前にコインパーキング有り、自転車置場有り