堺東の紅茶・ハーブティー専門店「Cocha Bar -紅茶葉-」

南海高野線「堺東駅」から徒歩5分
営業時間:13:30-21:30(日曜19:30)
定休日:火・水

Tel:072-242-4336

紅茶の成分と抽出温度の関係について(1)

店主の独り言2019.02.01
  1. 毎日が寒いですね。

今年は暖冬だと確か言っていたような…(^^;)

店主は毎朝、当日にお出しするスイーツの仕込みを行っているのですが、

ここ数日は布団から出るのがつらい・・毎日30分の遅刻です。

 

 さてさて、今回、次回の「店主の独り言」は、表題のことをお伝えしていきたいと思います。

 

紅茶の主成分は、以前の「店主の独り言」でも書きましたように、カテキン類、カフェイン、テアニンが代表的なものです。 

カテキン類は渋み、カフェインは苦味、テアニンは甘みやうまみの主成分といわれ、

これらのバランスで紅茶の味わいが変わってくるんです(^_^)

 

実はこれらの成分は温度によって抽出量が異なります。

カテキン類は60度を境に温度が上がるにつれて、抽出量が増え100度に近くなるごとに多くなります。 

カフェインはカテキン類に比べ低い温度でも抽出が始まりますが、やはり同じく温度が高くなるにつれ、

抽出量は比例的に多くなります。

 

一方テアニンはカテキン類、カフェインとは異なり、60度で抽出量がほぼ最大量になり、

それ以上は多く抽出されないようです。

 

この特性をうまく使えば、好みの味でなかったことで、タンスの肥やしと化してしまっているご家庭にある茶葉も

お好みの味わいに近づけることができるかもしれません(*^^*)

 

詳しくは次回にお伝えしたいと思います。

 

アクセス

南海高野線「堺東駅」から徒歩5分、
店舗前にコインパーキングもございます。

〒590-0048
大阪府堺市堺区一条通20-9

Tel:072-242-4336

 

営業時間:13:30-21:30(日曜は19:30迄) 

Last Order:閉店時間の30分前

定休日:火・水

電車:南海高野線 堺東駅 徒歩5分
※店舗前にコインパーキング有り、自転車置場有り