堺東の紅茶・ハーブティー専門店「Cocha Bar -紅茶葉-」

南海高野線「堺東駅」から徒歩5分
営業時間:13:30-21:30(日曜19:30)
定休日:火・水

Tel:072-242-4336

飲みたい味わいで決める ティーカップの選び方(1)

店主の独り言2020.05.07

緊急事態宣言の延長が決まり、外出の自粛が続いていますね

状況は徐々にですが、良い方向に向かっているようにも思います。

あと少し、踏ん張り時ですね。がんばりましょう!

 

そんな中だからこそ、ご自宅で紅茶を美味しくお飲みいただくために、

今回の店主の独り言では、ティーカップの選び方をお伝えしたいと思います(^-^)

ご自宅に何種類かのティーカップがあるかと思いますのでご参考に。

 

また、今回の内容はあくまでも私の経験的な感想です。

もしかしたら論理的には、つじつまが合わない部分もあるのかもしれませんが、

どうぞご了承下さいませ(*^^*)

 

さて、皆さんはティーカップを選ぶ時に、何を基準に選んでいますか?

デザインが気に入っているから!

色合いが可愛いから!

大切な人からのプレゼントだから!

などなど、

お気に入りのティーカップで飲むと、いっそう紅茶も美味しく感じるものですよねぇ〜

 

今回は、そこからもう1歩進んでみよう!という話です。

機能的な部分も理解した上で、ティーカップを選ぶと、一層紅茶が美味しく飲めるんです(^-^)v

 

店主の独り言らしくあくまでもシンプルに、「ティーカップの厚み」「ティーカップの高さ」

この2点に絞って書きたいと思います。

 

まずは、ティーカップの厚みについて

大きく分けると口元が薄いボーンチャイナのような磁気系のもの、

そして口元の厚い陶器系のもの、この2つのティーカップがあると思います(*^^*)

 

仮に同じ紅茶を飲むとしても、

口元の薄い方は、紅茶を飲む際に、舌先付近の甘みを感じやすい部分に紅茶が集中して集まりやすく、

甘みが感じやすくなります(*^^*)

また口に入れてからの流れも強いので、シャープな味わいになりがちです。

そして、ティーカップが薄いことで、

保温性があまり良くない為、比較的短い時間で飲む方が美味しく飲めます。

 

一方、口元が厚いティーカップ。

紅茶を飲む際に、口の中全体に広がりやすいため、甘み、酸味、渋みなど全体的に味わいを感じやすく、

また、口に入れてから比較的ゆっくりと紅茶が喉まで流れやすいことから、

優しくまろやかな味わいなります(*^^*)

そして、保温性も高いので、比較的ゆっくり時間をかけて飲むことにも向いています。

 

まとめますと、より甘みを感じすっきりとした味わいで飲みたい場合は、口元が細い方が良く、茶葉そのもののが持つ特徴を良くも悪くも引き出して、じっくり味わいたい場合は、口元が厚い方がいいかもしれませんね。

 

次回の独り言では、ティーカップの高さについて書きたいと思います

今回も話が長くなってしまった…(^^;)

アクセス

南海高野線「堺東駅」から徒歩5分、
店舗前にコインパーキングもございます。

〒590-0048
大阪府堺市堺区一条通20-9

Tel:072-242-4336

 

営業時間:13:30-21:30(日曜は19:30迄) 

Last Order:閉店時間の60分前

定休日:火・水

電車:南海高野線 堺東駅 徒歩5分
※店舗前にコインパーキング有り、自転車置場有り